RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

転職成功マニュアル

転職で成功するための情報を提供しています。転職で成功するために知っておくべき事とは?転職で成功するには具体的に何をしたら良いのか?また円満に退社する秘訣とは?また、退職届 退職願、職務経歴書の書き方と見本(サンプル、テンプレート)を無料でダウンロードできます。
正社員と非正規雇用者(フリーター、派遣)の格差
0
    正社員と非正規雇用者(フリーター、派遣)とはどのくらいの格差なのでしょうか?

    フリーターや、派遣という制度ができてからまだ、数十年程度なので、フリーターのまま 60歳過ぎてという人がいません。
    そのせいか、実感がわかないかもしれません。

    なんといっても 生涯受け取るお金です。これが一説によると2〜3億円近く差が付くそうです。(大卒なのか、働いている企業の規模によって違います)
    派遣の生涯賃金は約1億〜1億6,000万円です。これでも半分くらいですね。

    そして老後です。退職金は派遣やフリーターにはありませんし、年金も相当額差が付きます。

    ある機関が調査した退職金水準は大学卒・定年モデル退職金で 平均2300 万円ということになっています

    年金に関して付け加えると、厚生年金とちがって、国民年金(老齢基礎年金)は月額にして6.6万円が上限で、未納期間に応じて少なくなってしまいます。

    簡単に言うと会社が社員の年金を半分を納めてくれているので、国民年金を払っているだけのときよりも凄くお得です。

    コツコツ会社勤めして、退職すると、退職金も入り、年金も毎月 約20万円程度 もらえるのです。
    かたやフリーターや派遣社員は、毎月6.6万円です。
    孫にオモチャも買ってやれません。トホホ

    今 これをご覧になっているあなたが、おいくつなのか分かりませんが、たった今すぐから正社員として就職すべきです。

    なかは、ちょっと取りたい資格があるから、1年間だけ派遣社員とか・・そんな方もいると思います。
    もちろん、働き方は人それぞれ、ただ、そのチョイスの前に、本当に非正規雇用者にならなければ それができないのかを調べるくらいはすべきではないでしょうか?
    さて、話は変わりますが、まだ転職先が決まっていないならまずは無料のキャリアカウンセリングでも受けたらどうですか?


    ■キャリアカウンセリングとは
    「転職したいけれど、自分には何が向いているかわからない」
    「退職のタイミングとして今がいいのか?」
    「そもそも転職すべきかどうか迷っている」etc
    このような転職に関する不安を専門的な立場からアドバイスしてくるのが
    キャリアカウンセリングといいます。
    また 人材紹介会社では、専門のキャリアカウンセラーが無料で相談にのってくれるサービスを提供している事が多いので、まずは人材紹介会社に登録してキャリアカウンセラーに相談するのが問題解決の糸口です。

     

    人材紹介会社は派遣会社と違って正社員採用を希望する企業の面接をセッティングしてくれます。

    人材紹介会社に登録するメリットは

    (1)「面接の練習」や、「職務経歴書の手直し」もしてくれます。

    (2)退職する前から転職に向けてダンドリを組んでくれます

    (3)多忙な人のために、平日の夜遅く、土日も相談に乗ってくれます

    (4)ハローワークには無い、正社員向けの大企業求人が多数検索可能

    (5)Uターン/Iターンなどの情報も充実

    (6)転職に関するセミナー多数開催

    (7)しかも利用に関しては全て無料。


    ★パソナキャリア(大都市のみ支店有り)

    転職マニュアルも豊富。職務経歴書の書き方… 書類選考で落ちない書類の書き方 * 面接合格マニュアル… 面接突破のための秘訣 * 円満退職マニュアル… その後の仕事を円滑に進めるために等々

    ★リクルートエージェント(ほぼ全国に支店有り)

    なんといっても業界最大手。ダントツの求人数。その上、退職願・退職届・職務経歴書の書き方やサンプルが用意されてあり便利

    ★マイコミエージェント(東京・大阪のみ支店あり)

    日本キャリア開発協会認定・CDAのプロ資格を持ったキャリアカウンセラーが親身に相談にのってくれ、面接日、入社日の日程、給料などをあなたの代わりに交渉してくれる代理交渉のサービスもあります。もちろん全て無料です。

    ★ビジネスプロジェクト

    仕事を楽しみ、人生を前向きに生きて行きたい人、これからの会社の寿命10年時代で成功したい人のための求人情報サイト
    | 知らないと損する転職裏話 | 15:44 | - | - | - | - |
    人材紹介会社とは
    0
      人材紹介会社(正社員紹介会社)とは求人企業と求職者の間を取り持って、職業の紹介を行う会社。

      人材紹介会社は派遣会社と違って正社員採用を希望する企業の面接をセッティングしてくれます。

      人材紹介会社に登録するメリットは

      (1)「面接の練習」や、「職務経歴書の手直し」もしてくれます。

      (2)退職する前から転職に向けてダンドリを組んでくれます

      (3)多忙な人のために、平日の夜遅く、土日も相談に乗ってくれます

      (4)ハローワークには無い、正社員向けの大企業求人が多数検索可能(非公開求人多数あり)

      (5)Uターン/Iターンなどの情報も充実

      (6)転職に関するセミナー多数開催

      (7)しかも利用に関しては全て無料。

      ■おすすめの人材紹介会社はこちらをクリック■

      | 人材紹介会社とは | 09:44 | - | - | - | - |
      退職届・退職願 サンプル
      0
        退職届のサンプル
        | 退職願・退職届け サンプル | 08:33 | - | - | - | - |
        ハローワークから雇用保険をもらうデメリット
        0
          私は雇用保険を受給していた、一日5000円くらいだろうか。独身なので、特に贅沢しなければ、問題ない金額だ。本来なら、就職するまでの準備のお金という意味合いなのだが、私みたいに職業訓練校まで通って数ヶ月長期間もらってしまうと感覚が麻痺してしまう。
          「わあー金までもらって、学校には入れてなんて得なんだ」でもよくよく考えてみると、時給千円だとして5時間も働けば、もらえる金額だ。

          つまり、こんな金なんてもらわずに、働いた方がずっと金銭的にも精神的にもお得なのだ。

          職業訓練校時代も併せて7ヶ月ほど雇用保険を受給したが、いち早く就職して、ボーナスでももらった方がよっぽど仕事も身に付くし、良かった気がする。何より精神的にゆるくなります。もし、雇用保険をあてにする就職活動なら、もらわないで、ドンドン先に進んだ方がいい。雇用保険を払っているのでもらわないともったいないという気持ちは捨ててください。
          さて、話は変わりますが、まだ転職先が決まっていないならまずは無料のキャリアカウンセリングでも受けたらどうですか?


          ■キャリアカウンセリングとは
          「転職したいけれど、自分には何が向いているかわからない」
          「退職のタイミングとして今がいいのか?」
          「そもそも転職すべきかどうか迷っている」etc
          このような転職に関する不安を専門的な立場からアドバイスしてくるのが
          キャリアカウンセリングといいます。
          また 正社員紹介会社(人材紹介会社)といわれる会社にはこのようなキャリアカウンセラーのような
          役割も果たしますから、まずはキャリアカウンセラーに相談するのが問題解決の糸口です。

           

          正社員紹介会社(人材紹介会社)は派遣会社と違って正社員採用を希望する企業の面接をセッティングしてくれます。

          人材紹介会社に登録するメリットは

          (1)「面接の練習」や、「職務経歴書の手直し」もしてくれます。

          (2)退職する前から転職に向けてダンドリを組んでくれます

          (3)多忙な人のために、平日の夜遅く、土日も相談に乗ってくれます

          (4)ハローワークには無い、正社員向けの大企業求人が多数検索可能

          (5)Uターン/Iターンなどの情報も充実

          (6)転職に関するセミナー多数開催

          (7)しかも利用に関しては全て無料。


          ■おすすめの人材紹介会社はこちらをクリック■

          | 初めて転職する方へ | 08:28 | - | - | - | - |
          なぜ人材紹介会社はそんなにタダで親切なのか?
          0
            なぜそこまで人材紹介会社が本気で転職を手伝ってくれるのか?なぜなら、彼らの儲けは僕が転職しないと貰えない成功報酬だからです。
            例えば僕が年収300万円だとすると、人材紹介会社の取り分は、年収の3ヶ月分 今回は75万円くらいです。
            この75万円は当然、僕が入社する会社から出ます。(私が払うことは一切ありません)

            逆をいえば、僕が3ヶ月以内で退社すると、一円も貰えません。だから、辞めない様な 自分にあった仕事を紹介してくれます。無理矢理押し込んで辞めてしまうと 人材紹介会社も困りますからね。


            ■おすすめの人材紹介会社はこちらをクリック■

            | 人材紹介会社とは | 08:26 | - | - | - | - |
            ノンビリ考えてから・・転職活動
            0
              まあ、焦らずに、旅行でもしてからゆっくり転職するか
              などという人がいます。
              価値観はそれぞれなので、押しつける気はありませんが、私が思うのは甘いということです。

              なぜか?
              (1)まず、ノンビリ自分探しをして、答えが出てくる と決まっているのでしょうか?
              私も自分探しの経験がありますが、旅行した程度では何も分かりません。自分が何をしたかったか見つける人もいるかもしれませんが、見つからない可能性が大きいこと

              (2)お金が減ってくる
              あたり前ですが、無収入なので、お金は減る一方です。仮に給付金が出ていたとしても、わずかしか出ませんし。働いて稼いだ方が圧倒的に金額は多いです。冷静に考えれば分かるはずです。
              職業訓練を受けて、私は給付金として日に5000円程度もらっていましたが、5000円もらうより、働いた方がよっぽど金になったと思います。

              (3)就職で不利になる
              今まで忙しかったから一ヶ月ほどノンビリするか。よくある話です。でも、いざ履歴書を書き始めると、その間ぽっかり空白になります。面接官から、退社されてから、しばらく期間がありますが、何をされていたのですか?と聞かれたらどうしますか?
              「自分探しをしてた」というのでしょうか?


              <結論>
              一日でも早く、転職活動をすべきです。金銭的にも、精神的にも有利です。
              | 初めて転職する方へ | 15:43 | - | - | - | - |
              職務経歴書 サンプル 営業職
              0
                職務経歴書
                200○年○月○日現在
                転職 太郎
                希望職種 営業職(法人営業/医療)
                職務経歴
                平成○年○月


                平成○年○月




                平成○年○月
                ○○・ジャパン株式会社入社
                営業部 営業企画課に配属、○○担当 スタッフ15名

                医療品○○の提案営業職として○○県のエリアを担当。
                エリア 月間実績1位を5回獲得

                他社製品が納入されていた、○○地区の病院を開拓し、平成○○年から平成○○年の○年の間にシェア2%から34%へ拡大した。
                実績を評価され、マネージャーに昇格。
                マネージャーとして7名の部下のマネジメントを行い、チームとして年間目標対比150%(対前年180%)という実績をあげた。

                <職務経歴欄の書き方>を見ながら記入してください


                平成○年○月 一身上の都合により退社
                保持資格 
                平成○年○月 <資格スキルの書き方>を見ながら記入してください
                自己PR
                私は数名からなるチームで、営業実績を上げてきました。その間に身に付いた現実に即した計画作成能カ、それを実行する粘り、データを的確に分析する能力が高い評価を得ることができたと自負しております。
                <自己PRの書き方>を見ながら記入してください
                | 職務経歴書 サンプル | 11:27 | - | - | - | - |
                職務経歴書 サンプル コンピューター関連
                0
                  職務経歴書
                  200○年○月○日現在
                  転職 太郎
                  希望職種 システムエンジニア職
                  職務経歴
                  平成○年○月 ○○・ジャパン株式会社入社
                  システム部 配属、○○担当スタッフ15名

                  大手企業を中心にECサイトの開設、オンラインカード決済システム・業務管理ツールなどのWebアプリケーション開発に携わる。

                  <主なプロジェクト紹介>
                  自動車メーカー ECサイト構築
                  要件定義、基本設計、詳細設計、開発
                  担当役割:システムエンジニア 業務システムの画面設計:
                  プロジェクト規模:全体:100名、チーム:18名


                  <収得・専門技術>
                  UNIX上での C/C++、Java、Perl、Shell、PHP を使った開発経験 3年
                  ・ Oracleを使ったアプリケーション開発、運用経験 3年
                  ・ PL/SQLの開発経験 3年
                  ・ 決済システム開発経験 1年

                  <職務経歴欄の書き方>を見ながら記入してください

                  平成○年○月 一身上の都合により退社
                  保持資格 
                  平成○年○月 <資格スキルの書き方>を見ながら記入してください
                  自己PR
                  主に自動車や金融機関などのWEB構築にかかわって参りました。
                  また現在15名のチームリーダーを担当しておりますが、顧客要件定義、チーム内コミュニケーションを計り納期順守においては顧客からも高い評価を得ているものと存じます。
                  このたび転職活動をしている理由は、システムの企画設計から構築、コンサルティングまでを一貫して手掛けている貴社においてならば、今まで蓄積してきた技術力を生かせるととももに、コンサルテーション能力などさまざまなスキルを積んでいけると考え、応募いたしました。
                  <自己PRの書き方>を見ながら記入してください
                  | 職務経歴書 サンプル | 11:26 | - | - | - | - |
                  前職照会とは
                  0
                    履歴書などに書いてある記載どおりか、または勤務態度がどうであったか調べるための調査のこと。 個人情報保護の関係で、最近では電話口で、応じることに慎重になられているケースはあるかと思いますが、同業への転職なら、勤務先に知り合いがいたりなどで、ある程度は把握できるものです。 繁忙時期に辞めて、迷惑をかけたなど、本人は身に覚えの無いことでも、残った社員の中には、よく思っていない人もいるかもしれません。 業種にもよるが、銀行・信金・保険及び警備業界などはやるケースもあると聞いたことがあります。

                    | 転職に関する用語集 | 11:23 | - | - | - | - |
                    ボーナスをもらってからやめる場合
                    0
                      いわゆる ボーナスをもらってからやめるボーナス転職ですが

                      メリットもデメリットもありますので、ご注意ください

                      メリットは説明する必要もありませんね。
                      一般的にボーナスの支給月は6月と12月の会社が多いですね。

                      ・6月ボーナスの評価対象期間……前年10月〜3月
                      ・12月ボーナスの評価対象期間……4月〜9月
                      この間に在籍しているかどうか が大事ですし、あなたの勤務態度や就業規則なども大きく影響しますので、確認をしておくのも良いでしょう。


                      ではデメリットですが、その期間退職者も多く、たいしたスキルでないと、埋もれてしまいがちです。

                      そんな人は早めに転職活動をすべきです。
                      ボーナスは確かに、数十万円という大金ですが、応募者が多い上に、優秀揃いで、なかなか採用されず、焦って年収が下がっては大変です。

                      いずれにしても、辞めていこうという人の査定は低くなるでしょうから、ボーナスを手にしてから一ヶ月後には退社

                      でも、この時点で次も決まっているのが一番ベストではないでしょうか?
                      次の勤務先では ボーナスは全額出ませんが、ボーナスにこだわる人は、転職期間を空けない のが一番の解決策です。
                      | 在職中に転職活動を始める方へ | 11:00 | - | - | - | - |