RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

転職成功マニュアル

転職で成功するための情報を提供しています。転職で成功するために知っておくべき事とは?転職で成功するには具体的に何をしたら良いのか?また円満に退社する秘訣とは?また、退職届 退職願、職務経歴書の書き方と見本(サンプル、テンプレート)を無料でダウンロードできます。
正社員紹介会社(人材紹介会社)が近くにない場合は?
0
    正社員紹介会社(人材紹介会社)の多くが、東京を中心とした大都市圏に支店がある。
    最大手の
    リクルートエージェントパソナキャリアは原則 近隣の県の支店にて面談または登録を行うが、どうしても遠方なら、ネットで登録後 電話で面談も行っているようだ。
    ただし、実際に訪問してアドバイスするわけではないので、どうしても、あなたを伸ばす部分が減るかもしれない。

    しかし、職務経歴書の訂正などもネットなどを無料で個別指導してくれる点などを考えれば、やる価値は十分ある
    | 人材紹介会社の登録・面談 | 19:58 | - | - | - | - |
    正社員紹介会社(人材紹介会社)の面談の服装
    0
      正社員紹介会社(人材紹介会社)に始めに面談するときに、どんな服装がいいかというと やはりスーツ&ネクタイが無難です。

      ハローワークにいくと、普段着の人が多く見受けられます。
      トレーナーにジーパンの格好の人もざらです。

      しかし正社員紹介会社(人材紹介会社)のオフィスに行くと、あまりそのような人は見受けられません。
      そんな格好なら恥をかくのは自分です。

      自分はIT系で、普段は、ノーネクタイだからという人もいるでしょうが、正社員紹介会社(人材紹介会社)の立場として変な人をクライアントへ紹介できませんから、やはり一般常識のある人にはいい仕事を薦めるはずです。

      まずは無難に、無難に・・

      | 人材紹介会社の登録・面談 | 15:55 | - | - | - | - |
      他の正社員紹介会社社より既に紹介されている求人案件は隠す?
      0
        人材紹介会社を何社か利用していると、同じ企業/案件を紹介されることがありますが、コンサルタント側も理解していますので、気を悪くされることなどありません。

        むしろ正直、他の傾向を伝え、時間の無駄にならないように、今までは○○のような業界を案内されたが、自分としてはしっくりいっていないなどと前向きな話をいうもの手だ。
        | 人材紹介会社の登録・面談 | 16:41 | - | - | - | - |
        キャリアカウンセラーの能力
        0
          正社員紹介会社(人材紹介会社)の担当者のキャリアカウンセリングの能力によってあなた自身が開花されることがあります。

          いわゆるキャリアの棚卸しをしてゴールをうまく導き出してくれると、ゴールが見通せる仕事だからこそ、自身のモチベーションが保てるのだと思います。

          短期的な収入のUPよりは、本当にやりがいのある仕事なのかを提案してくれるキャリアカウンセラーが担当者だと心強い
          | 人材紹介会社の登録・面談 | 11:40 | - | - | - | - |
          求人情報がどのくらいあるのか?
          0
            豊富な仕事情報を持っているということは、それだけ過去に実績があることを表しています。

            逆に、立ち上げて間もない実績のない正社員紹介会社(人材紹介会社)にいくと、あまり紹介してくれません。あなたが有名一流大学をでて、有名企業で重要な仕事をしているなら、転職も簡単ですが、そうじゃなければ、求人数が多い正社員紹介会社(人材紹介会社)に登録する方が無難です
            また。一般に公募していない求人情報が得られる可能性もありますし、
            | 人材紹介会社の登録・面談 | 11:35 | - | - | - | - |
            あなたの事を第一に思っているか?
            0
              正社員紹介会社(人材紹介会社)は成功報酬依存型になるとせっかちに仕事を進めてきます。ミスマッチ覚悟で、ドンドン数をこなしていくのです。

              でも、あなたにはいろんな事情がありませんか?シングルマザーなら、残業はできないとか、ローンがあるので、最低給料はこのくらい欲しいとか、あなたにとって譲れないことを聞いてくれるか

              正社員紹介会社(人材紹介会社)の言うことを鵜呑みにせずにあなたのことを第一に考えていなければ、お勧めしません
              | 人材紹介会社の登録・面談 | 11:32 | - | - | - | - |
              カウンセリングする担当者はよい
              0
                希望と正社員紹介会社(人材紹介会社)が紹介する企業とでミスマッチを起こさないために。面談を中心としたカウンセリングが必要です。まずカウンセリングの時間をきちんと取る人材紹介会社は、信用できるでしょう。

                そういった点で、ただ、経歴を見ただけで、次々会社を紹介する担当者はやめた方がいいかもしれない
                | 人材紹介会社の登録・面談 | 11:29 | - | - | - | - |
                人材紹介会社の面談で気をつけたこと
                0
                  1、面談の約束時間は正確にする
                  社会人として当たり前のことだが、相手も忙しいので基本である。
                  これからお世話になるため、第一印象は大事にしたほうがいい。

                  2、人材紹介会社の担当者に近づく
                  人材紹介会社の担当者に“この人になら仕事を続けられる。安心して案件を紹介できる。”と思わせるビジネスマナーはキチンとしておいたほうが良い。担当者の人は低姿勢で対応してもらえるが間違っても、こちらは“客”ではない。お願いをしに行っているのでこちらも低姿勢に案件をいただくべきである。誰だって人の好き嫌いはある。好きな人の“力”にはなりたいものだ。

                  3、やりたいことをしっかり伝える
                    どんなことをやりたいのか?
                    譲れない条件は何か?
                    どんな会社で働きたいのか?
                  を担当者に伝えれば、辞めずに続けてもらえる人だなぁという印象を与えることが出来るので、企業に対して推薦してもらえる。

                  4、わからないことは『わかりません』と正直に
                  担当者と面談をしているとわからない業界独特の用語が出てくることがある。知らない言葉があれば『どういう意味ですか?』等の質問をすれば自分の細かいスキルまで相手が理解できる。


                  そして必ず、模擬面接をお願いしてください。相手も快く引き受けてくれるはずだ。面接のやり方は100人100通り、それぞれの人が自分の悪いところやいいところを指摘してくれる。自分では気づかなかった癖(私の場合は、答える前に「え〜と」と言ってしまうことを指摘してくれた)
                  | 人材紹介会社の登録・面談 | 14:11 | - | - | - | - |
                  正社員紹介会社(人材紹介会社)は何社登録すればいいのか?
                  0
                    私は10社近くの正社員紹介会社(人材紹介会社)に登録しました。絶対に複数登録した方がいいです。間口が広がるからです。

                    ハローワークだけで十分とか、人材紹介会社の登録を1社しかしないなんていう考え方は、自分でその可能性を狭めることになります。パソナにしてもリクルートにしても求人の案件は限りがあります。多く登録した方がいいでしょう

                    人材紹介会社を1〜2社登録して、紹介されなかったから人材紹介会社はダメだとか視野が狭すぎます。


                    事実、私も未経験でプログラマーなんて無理ですよ といわんばかりの人材紹介会社もありましたし、一社も紹介してくれない会社もありました。逆に、今 人手不足だからといって 何社か紹介してくれた会社もあります。


                    普通の人なら、5社、未経験などハンデがある人は、10社は登録して欲しい。人材紹介会社の人は、面接官ではないので、本音で話せばきっといいアドバイスが返ってくる。つまり登録した数が多いほどあなたの協力者が増えるのだ。

                    最低でも5社は人材紹介会社に登録すべき、メリットしかない
                    | 人材紹介会社の登録・面談 | 14:07 | - | - | - | - |