RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

転職成功マニュアル

転職で成功するための情報を提供しています。転職で成功するために知っておくべき事とは?転職で成功するには具体的に何をしたら良いのか?また円満に退社する秘訣とは?また、退職届 退職願、職務経歴書の書き方と見本(サンプル、テンプレート)を無料でダウンロードできます。
<< 正社員紹介会社への決めぜりふ | main | はじめはネットで情報登録が面倒でした。 >>
人材紹介会社の面談で気をつけたこと
0
    1、面談の約束時間は正確にする
    社会人として当たり前のことだが、相手も忙しいので基本である。
    これからお世話になるため、第一印象は大事にしたほうがいい。

    2、人材紹介会社の担当者に近づく
    人材紹介会社の担当者に“この人になら仕事を続けられる。安心して案件を紹介できる。”と思わせるビジネスマナーはキチンとしておいたほうが良い。担当者の人は低姿勢で対応してもらえるが間違っても、こちらは“客”ではない。お願いをしに行っているのでこちらも低姿勢に案件をいただくべきである。誰だって人の好き嫌いはある。好きな人の“力”にはなりたいものだ。

    3、やりたいことをしっかり伝える
      どんなことをやりたいのか?
      譲れない条件は何か?
      どんな会社で働きたいのか?
    を担当者に伝えれば、辞めずに続けてもらえる人だなぁという印象を与えることが出来るので、企業に対して推薦してもらえる。

    4、わからないことは『わかりません』と正直に
    担当者と面談をしているとわからない業界独特の用語が出てくることがある。知らない言葉があれば『どういう意味ですか?』等の質問をすれば自分の細かいスキルまで相手が理解できる。


    そして必ず、模擬面接をお願いしてください。相手も快く引き受けてくれるはずだ。面接のやり方は100人100通り、それぞれの人が自分の悪いところやいいところを指摘してくれる。自分では気づかなかった癖(私の場合は、答える前に「え〜と」と言ってしまうことを指摘してくれた)
    | 人材紹介会社の登録・面談 | 14:11 | - | - | - | - |